アカペラ教育プロジェクト1.0

アカペラ教育プロジェクトとは、2020年1月1日から始まる新しい教育プロジェクト。
学校教諭や大学教授、アカペラ団体が協力し、教育教材として価値の高いアカペラを教育現場へ普及させるためのプロジェクトです。
アカペラ教育プロジェクト1.0では2025年12月末までを期間とし、各々がデジタルを活用し情報共有しながらアカペラ教育に取り組みます。

これまでに全国各地の小中高校にて授業を行ってまいりしましたが、さらなる実施範囲の拡大、教育の質向上、教員同士やアカペラ関係者の連携強化のために、本プロジェクトを立ち上げました。

実践校(一部抜粋):

守谷市立守谷中学校(茨城県)、さいたま市立大宮国際中等教育学校(埼玉県)、加賀市立錦城中学校(石川県)、つくば市立谷田部東中学校(茨城県)ほか

活動

学校教育

音楽の授業、探究的な学習、総合的な学習の時間、芸術鑑賞。さまざまな場におけるアカペラ活用を進めます。
教育現場での実践を基に指導方法を開発しています。アカペラ団体King of Tiny Roomが使用する教材動画・音源・楽譜を制作しています。

授業用教材は、こちら(準備中)

社会教育

プロジェクト代表の角田氏が主催するMass A Cappella企画や、市町村開催の生涯学習講座、アカペラ鑑賞会など。

構成員

  • 角田 葵 代表(作編曲家/大学講師)
  • 内田 有一 (上野学園大学短期大学部教授)
  • 内野 健太 (茨城県高等学校教諭)
  • 上野目 泰之 (声楽家/株式会社Musica.Works代表取締役)
  • 齋藤 龍 (King of Tiny Room代表)
  • 吉田 圭佑 (King of Tiny Room CD)
  • 渡辺 コウジ(茨城県高等学校教諭)

※ 既に授業でアカペラを活用されている関係者のみなさま、ぜひご連絡くださいませ。

お問い合わせ

アカペラ教育に興味のある学校教諭のみなさま、教育実習生のみなさま、関係者のみなさま。 アカペラ教育の活用のご相談や、ご支援、ミーティングへの参画希望など、お問い合わせください。 内容に応じて、構成員より直接ご返信する場合がございます。

お名前*
メールアドレス*
題名
所属* アカペラ教育に関する相談活動に関するお問い合わせプロジェクトへの参画希望その他
メッセージ本文*